このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

家族や職場に知られることなく借金返済ができた(男性/40代)

男性/40代

家族に内緒で抱えていた借金は、他の金融業者からお金を借りて返すつもりでした。

唯一の望みであったクレジットカードの審査も落ちて途方に暮れる寸前、
インターネットで検索したのが借金返済に強い法律事務所です。

相談するにあたってなるべく早く、どの時間帯でも対応してくれるという条件で探していました。

誰かに知られてしまうのはきっと時間の問題だろうと思ったことと、
深夜であれば家族が寝ているので、行動していても怪しまれる可能性が低くなるためです。

実績のある法律事務所であることを条件に検索結果を見ていました。

そして、職場や家族に秘密で債務整理を行っているという法律事務所を見つけました。

早速借金のことを相談しにいったところ、民事再生をすすめられたのですが、
家族や職場に知られたくないということで任意整理での依頼をしました。

裁判も行わずに済んだので、借金のことも知られずに解決できて安心しています。

匿名かつ無料で任意整理の相談ができるサービスはこちら

気がついたら、クレジットカード会社への借金が膨らんでいました(男性/30代)

男性/30代

クレジットカード会社から借り入れをしていて、家賃や交通費、仕送りが重なって
借金の返済が困難になり、債務整理の相談をしたいと思うようになりました。

個人情報が不安だったため、選んだのは自分自身の名前を伝えずに相談できる法律事務所です。

インターネットから申し込んで、債務整理の種類と種類ごとのメリットとデメリットを説明してもらいました。
債務整理のお願いもして、取り立てがその日に止まったことで安心できました。

気は晴れましたが、相談だけでは解決できなかったため、
自分の要望として訴訟から調停までを法律事務所にお願いしました。

するtお、過払い金が発覚して借金の減額に成功できた上に、
着手金が分割払いで大丈夫だったことがありがたかったです。

全国対応とのことで、郊外に住んでいても親身になって相談に乗ってもらえたことが助かりました。

借金に対して悩んでいましたが、完済の目処がついて晴れやかな気持ちです。

相談する前は自己破産を考えたり、他の金融業者から借りるしかないと焦っていましたが、
借金が減額されて気持ちに余裕が生まれました。

自由にお金を使えるのが楽しくて借金を(女性/20代)

女性/20代

就職したばかりの頃、自分のお金を自由に使えるのが楽しくて、
実家暮らしだったこともあってショッピングを楽しんでいました。

高級ブランドのものに手を出したりして、買い物での金額をセーブする気持ちはまったくありませんでした。

もちろん、キャッシングやリボ払いも活用し続けていました。
調子にのってしまったことに気づいた時には、すでに給料分と同じくらいの返済額を背負っていました。

同僚との飲み会もあったので、借金があるからと断ることもできずに、見栄をはって参加し続ける日々。

返済日がくる度に利息だけを支払ってなんとかしのいでいましたが、それも限界が来て、親に法律事務所を紹介されました。

督促や取り立ても続いていたので、なんとかしたい思いで債務整理の依頼をしに行くと、
親身に相談にのってもらい、借金も減額
してくれることになりました。

毎月の返済額が減ったので、前よりも借金の返済が楽になりました。

はじめに相談したときは不安がありましたが、今は相談してよかったと感謝しています。

任意整理の相談をするなら

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

任意整理とは何ですか?

任意整理は、借金を負っている債務者と債務者にお金を貸している当事者
で話し合いをしながら、返済額を交渉して決めようという方法
です。

裁判所を通すことなく、直接での交渉をすることができるので、周囲の人に借金のことがバレにくい方法でもあります。

債務者本人が直接交渉をすることもできますが、お金を貸している賃金業者はこういった交渉に慣れています。
債務整理についての知識がないまま交渉してしまうと、相手に流されて、交渉も上手くいかないことがあります。

そのため、専門家である弁護士を代理人として立てることで、
弁護士から交渉を持ちかけてもらうようにすると、安全に借金返済の交渉を進めることができます。

また、任意整理の場合は、過払い金が発生していることに気づく場合もあります。

この場合、過払い金を借金返済にあてることもできるので、
任意整理を行うことで借金の全額を返済してしまうということもできます。

個人再生とは何ですか?

民事再生とも言われますが、まとめて個人民事再生とも呼ばれることがあります。

この個人民事再生というのは、裁判所を通して行われる債務整理の方法です。
多くの賃金業者からお金を借りて多重債務状態である場合は、この個人民事再生を行うことをおすすめします。

裁判所を通す必要があるので、借金のことを周囲に隠し通すことは困難にはなりますが、
自己破産のように家を手放す必要もなく借金も大きく減額できるので、借金返済の期間を一気に短縮することができます。

自分の守りたい財産などがある場合は、この方法を利用しましょう。

自己破産とは何ですか?

債務整理=自己破産とイメージされている方もいますが、そんなことはありません。

自己破産は債務整理の方法の1つなので、誰もがこの自己破産を選ぶ必要はありません
自己破産というのは、裁判所を介してすべての借金を免除してもらう方法です。

これだけ聞くと、借金が全部なくなるんだからいいじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

自己破産を選んだ場合、自分の持っている資産、主に家屋や車、高級な家具など、
20万円以上の価値をもっているものはすべて没収される
ことになります。

債務者が抱えている借金返済ができない状況で、裁判所がそれを認めた場合にのみ自己破産は行えます。

しかし、これは借金を踏み倒しているだけなので、自己破産をしたあとの5~7年の間は新たに借り入れができない状態になります。

法律事務所に相談したら、絶対に任意整理をしないとダメですか?

法律事務所まで足を運んだのだから、絶対に依頼をしなければいけないんじゃないかと不安に思われる方もいますが、そんな心配はありません。

相談をする時だけは相談だけで話が終わるので、その後に依頼するかどうかの判断は当人で決めることができます。
もしも任意整理の相談をして、自分には必要ないなと思われた場合には任意整理を行う必要はありません。

なので、任意整理のことで聞きたい時や借金返済のことでの質問がある場合でも、気軽に法律事務所へ足を運んでください。

法律事務所に行かずに債務整理のことを知る方法はありますか?

債務整理のことについて、現在はインターネットなどで簡単に調べられるようにもなっていますが、
自分に合った債務整理の方法を探したいという人も、簡単にそれを調べられる方法があります

それが無料診断シミュレーターです。

この無料診断シミュレーターは近年利用者が増えており、借金返済のため
自分が債務整理の中でどの方法を選べばいいのかを無料で診断してくれるようになっています。

いわば、窓口相談所といったところです。

この無料診断シミュレーターには名前を入れる必要も住所を入力する必要もありません。
匿名での診断が可能なので、法律事務所に行かずに債務整理の方法を知ることができます。

法律事務所に行くのはなんだか敷居が高い、ちょっと不安という方は
無料診断シミュレーターを使って債務整理について考えてみてください。

任意整理でなら、過払い金があるのかわかりますか?

弁護士に依頼をして任意整理を行ってもらえば、今まで払っていた返済額の中に、
本来なら払わなくてもいいお金である過払い金が発生していることがわかります。

ですが、この過払い金も発生している人としていない人がいます。

過払い金がある可能性が高い人は、長期間にわたって借金返済をしている人です。

この長い借金返済の間に発生した過払い金の額は、弁護士が調べてくれることで判明することが多く、
個人で気づくのは難しいものとなっています。

もしも、長期間借金を返済し続けているという場合はすぐに弁護士へ相談して任意整理を行ってもらい、
過払い金があるかどうか確認してもらいましょう。

発生している場合は、借金返済にあてることができます。

借金の完済が済んでいるという場合でも、完済から10年以内であれば、
過払い金返還請求は可能なので、早めに法律事務所へ相談に行きましょう。

ブラックリストに載るとは、どのような状態ですか?

ブラックリストに載るというのは、債務の返済が何度も滞ったり、自己破産を経て借金が免責された過去があるなど、
賃金業者への信頼を損ねるような契約不履行がある状態のことをそう表現します。

こういった理由によって、信用情報機関で保管されている債務者の個人信用情報の中に、
特記事項という項目で「事故情報」が登録されることがあります。

この状況にあるのを、ブラックリストに載っていると言います。

「事故情報」という登録がされていない場合でも、このブラックリストに載っている方として扱われることがあります。

債務整理を行うとこのブラックリストに載り、5年~7年の間は新規融資が不可能になったり、
新たに借り入れができなくなったりします。

過払い金を請求すると、ブラックリストに載りますか?

過払い金の請求を借金返済中や完済し終わったあとに行ったとしても、それが原因でブラックリストに載ってしまうことはありません。

ですが、借金を返済している最中で、引直計算をしたあとでも借金が残るという場合には、
ブラックリストに登録されることがあるので注意しましょう。

過払い金の返還は自分だけでやることもできますが、
複雑な引き直し計算や賃金業者との交渉は知識がなければ困難なものになります。

自分の代理人として弁護士をたてて、過払い金返還請求をスムーズにおこなえるようにしましょう。

弁護士と司法書士、どっちに相談すればいいのでしょうか?

弁護士も司法書士も、法律上ではどちらも債務整理を行うことはできるようになっています。

ですが、司法書士の場合は借金の総額や過払い金が140万円以下の時にのみ、法律相談や交渉、訴訟ができます。

そのため、もしも借金額や過払い金が140万円以上になってしまうと、
裁判は自分で出廷して交渉することになってしまいます。

他にも、過払い金が減額されている場合があり、和解交渉が行われたあとも
減額された理由が分からずにに終わってしまうことがあります。

弁護士の場合は借金の総額がいくらであっても、依頼主の代理人として交渉、出廷をしてくれるので、
自分ではわからない部分がある場合は弁護士に任せるようにしましょう。

過払い金も依頼主が納得できるぶんの金額を回収してくれるので、安心して依頼ができます。

法律事務所に行くなら、どこでもいいですか?

法律事務所にも色々あってどこに行けばいいか迷う方は多いですが、どこでもいいというわけではありません。

法律事務所によっては、債務整理は利益が少ないからという理由で依頼を後回しにされ、
結局依頼を受けてもらえずに終わってしまうことがあります。

少数での経営をしている法律事務所では、最初に依頼した担当の弁護士の手が回らないため、
別の弁護士に依頼をしたいといっても、着手金が戻ってこない場合もあります。

そのため、先に電話相談や無料相談などで、気になる法律事務所へ相談してみましょう。

どれだけ親身になってくれるか、この法律事務所は信頼できる場所か、判断することが大切です。

また、債務整理についての知識も、少しで構わないので身につけておくようにしましょう。

何も知らないまま行ってしまうと、弁護士の話に流されていくだけになってしまうので、
依頼をしても借金の返済額があまり減らないということになる可能性もあります。

実績のある法律事務所を選ぶようにしましょう。

債務整理専門の法律事務所はありますか?

残念ながら、債務整理に特化している法律事務所は少ないです。

特に地方にはあまり数がなく、地方の方が都心の法律事務所に電話をかけて依頼をするということもあります。

借金の返済に関わってくる債務整理を、見知らぬ人に相談しに行くわけですから、
実績のあるところへ依頼したいと思う人がほとんどです。

遠くの法律事務所だから、決まった回数だけ相談すればいいと投げやりになるのではなく、
電話でも対面でもいいので、依頼をした弁護士と直接言葉を交わして相談ができる状況にしておくようにしましょう。

債務整理の費用はどのくらいですか?

債務整理の費用としては、それぞれの法律事務所によって金額が変わってきます。

任意整理の場合は大体が着手金2万円、報奨金が2万円前後となっておいます。
個人民事再生の場合では、40万円~60万円くらいです。

自己破産の場合は30万円~50万円となっており、個人民事再生が一番費用が高くなっています。

ですが、個人民事再生は費用が高い分、減らせる借金額も大きくなっています。
個人の資産も手放さずにすむので、多重債務に悩んでいる場合は個人民事再生を選びましょう。

債務整理の手続きって何をすればいいのですか?

債務整理の手続きは方法によって変わってきますが、ほとんどが書類での手続きになります。

特に個人民事再生は裁判を通す必要があるので書類も多く、
複雑な手続きも続くので、自分一人でやってのけるというのは難しいです。

弁護士に依頼をすることで、弁護士側が書類での手続きを代わりにすすめてくれるだけでなく、相手側の業者との交渉も行ってくれます。

債務者が記入すべき書類についても詳しい説明がされるので、心配する必要はありません。

任意整理って失敗することもありますか?

任意整理も失敗することはあります。ですが、その失敗する理由は主に弁護士選びが原因になっています。

早く借金を返済したいという焦りによって、下調べもないまま近場の法律事務所へ向かい、
任意整理の依頼をしてしまった場合になど失敗することが多くなっています。

弁護士選びに失敗してしまうと、案件を後回しにされてしまう可能性がでるほか、
周囲には借金のことを隠していたかったのに、弁護士の配慮不足によって借金がバレてしまうことがあります。

また、一番最悪なパターンとしては、報酬を支払ったのに借金問題が何一つ解決しなかった場合です。

こうした失敗を防ぐために、事前に法律事務所の下調べを行っておくようにしましょう。

このページの先頭へ